●虎打線の開花まだ…19歳宮国に翻弄される

阪神タイガースのニュースです。

 (セ・リーグ、阪神1-5巨人、3回戦、阪神2勝1敗、8日、)2年目の19歳に、阪神は主軸が翻弄された。7回を投げた巨人の宮国に打線はわずか3安打。不振の新井貴が七回無死一、二塁から右前へ適時打を放ち、零封は免れたが、宮国からの主軸の安打はこの1本だけ。試合前、和田監督は打線を桜の開花に例えて「まだ5、6分咲き」と話していたが、調子の上がらない新井貴や打率1割台の鳥谷らに対し、指揮官も「この辺で変わってもらわないと。打線の中心が結果を出してくれれば点の入り方は違ってくる」と奮起を促した。

詳しくはコチラ
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/Db_DZqE_9HBn/a4233483b9c97a2cfc156b316a1af870?ul=i3wkhMhgGAZ_kq1VbkIwdsyxD1G6owjYix11F7OuFDsQ8Wnp79XgESaY97a8aBBy54LdCIwzF8fNXPq2wWSAVxEYteHCu8zLgcS5bjM_6x.4q0FVS

★★ 阪神タイガース関連グッズを見る ★★

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。