広島は9日、広島市内のホテルで育成を含む新人9選手の入団会見を行った。ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=は、抽選で選ばれた650人の鯉党の前で背番号「18」のユニホーム姿を披露。「18」の先輩である前田健太投手(31)=ドジャース=のような球界を代表するエースとなって、将来的には大リーグに挑戦したいと野望を告白した。