全国のヤクルトファンに笑顔を-。ヤクルトの選手の表情や、必死に汗を流す姿をお届けする企画「スワローズフィルム」の第28回は梅野雄吾投手(21)が登場です。安定感のある下半身から繰り出す最速154キロの直球を武器に、昨季は68試合で2勝3敗4セーブ、防御率3・72の成績を残しました。将来の守護神候補が、一歩ずつ階段を上っています。