ヤクルトの新首脳陣に迫る新連載の最終回は、宮出隆自ヘッドコーチ(42)。長年打撃コーチを務め、今季からは高津臣吾新監督(51)の右腕となってチームをまとめる立場となった。重視するのが徹底した『意識付け』。5年ぶりのV奪回へ、『高津野球』を浸透させる重要な役目を担う。