●ヤクルト・星、伸びのある球筋で回復アピール「下半身を意識した」

東京ヤクルトスワローズのニュースです。

 右肘の疲労骨折からの復帰を目指すヤクルトの星が19日、埼玉県戸田市の2軍施設で25メートルの距離で15分間のスローイングを行い、伸びのある球筋を見せた。「怖さはない。球のばらつきはまだあるけど、下半身を意識した」と順調な回復ぶりをうかがわせた。

詳しくはコチラ
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/saokpXv16e0W/d71bc601a78296cbf3e1a2c1aa72d671?ul=wQUK0u0ShnK1gEQAnfnwnn96_etc5l_0gaSl.DOhoFd9XIPd_uSJ2Wuuf49vh5C0vmZZwB1BMDkO5y.QM2TgXUrF7xXKyR.eam6EUgDdJlLG.5vAk

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。