ヤクルトの来季新監督に現2軍監督の高津臣吾氏(50)が就任することが10日、決定的になった。小川淳司監督(62)の辞意を前日9日に根岸孝成オーナー(70)が了承し、契約満了による退任が正式決定。その後、後任を高津氏に一本化し、就任を要請したとみられる。既に4位以下が確定し、クライマックスシリーズ(CS)進出の可能性がなくなったヤクルト。日米通算313セーブを挙げたレジェンドに、低迷するチームの再建を託す。