ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18)=星稜高=は28日、捕手を座らせて9度目のブルペンに入る予定だったが、前日27日に新型コロナウイルスの感染拡大防止のため自宅待機となり見送られた。