ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18)=星稜高=が、同校などを運営する学校法人稲置学園から『理事長賞』を授与されることが27日、分かった。野球部からは1993年に受賞した松井秀喜氏(45)以来。昨夏の甲子園で準優勝に輝き、U18高校日本代表入りも果たした右腕が、大先輩と並ぶ勲章を手にする。奥川らヤクルトナインはこの日、東京・渋谷区の明治神宮で必勝を祈願した。