(セ・リーグ、ヤクルト1-4広島、7回戦、3勝3敗1分、5日、神宮)プロ初先発のD4位・大西(大商大)は5回7安打2失点と粘ったが、打線の援護がなく、初黒星を喫した。三回2死から4者連続三振を奪い、要所で2つの併殺を奪うなど持ち味を発揮。「立ち上がりは制球に苦しんだが、少しずつ修正することができた」と手応えをつかんだが、同点の五回1死二塁で長野に適時二塁打を浴び、「長野さんへ投げた1球は悔いが残ります」と唇をかんだ。