巨人は9日、サンマリンスタジアム宮崎で秋季宮崎キャンプの4日目を迎え、原辰徳監督(61)が鍬原(くわはら)拓也投手(23)に右横手投げへの転向を打診した。2年間で1勝と伸び悩む2018年ドラフト1位右腕に重ねるのは、上手投げから転向して“平成の大エース”と呼ばれるまでに飛躍した球団OBの斎藤雅樹氏(54)。潜在能力の開花へ、原監督が手を差し伸べた。