SMBC日本シリーズ第2戦(ソフトバンク6-3巨人、ソフトバンク2勝、20日、ヤフオクD)巨人はソフトバンクに3-6で敗れ、開幕から2連敗となった。0-0の七回に三塁の守備に就いた山本泰寛内野手(26)の失策がきっかけとなり、3失点。原辰徳監督(61)は、勝敗を分けたミスを悔やみながらも「やられたらやり返す」と、22日からの反撃を誓った。