(セ・リーグ、阪神4-5ヤクルト=延長十回、21回戦、阪神12勝7敗2分、10日、甲子園)今こそ、闘将になれ! 観戦したサンケイスポーツ評論家の板東英二氏(79)は、クライマックスシリーズ(CS)進出をかけた大一番で、プレーボールから相手に襲いかかるような気迫を感じられなかった阪神に苦言。残り14試合、矢野燿大監督(50)には、自身の中日時代の後輩であり、矢野監督の恩師である星野仙一氏のように、闘志を体全体で表してナインを引っ張ってほしいと期待した。