今季限りで現役を引退する阪神・藤川球児投手(40)と、戦力外通告を受けて他球団からのオファーを待つ能見篤史投手(41)の甲子園での“ラスト登板”を見て、涙を流した虎党も多いだろう。