来季高卒2年目の内野手、オリックス・太田が9日、グラブを改良したことを明かした。「親指の部分を(数センチ)短くしてもらいました。ボールを握り替えるときに(親指部分に)右手が当たることがあったので。斜めな感じにしてもらいました」。捕球から送球動作に移る際、よりスムーズにボールが握れるように改良された。現在は打撃投手の父、暁氏とともに二人三脚、朝と夜の“二部練習”でトレーニング中。「イチローさんも夜に打っていたと聞きました」。“イチロー流”の練習法を続け、新グラブとともに攻守にアピールしていく。