オリックス・西野が19日、“ぺったんこグラブ”を導入した。これまでは他の選手から借りていたが、自費で購入。しっかりと捕球することを意識付けるためで「自分でやれることはやろうと」と説明した。10月に受けた左足関節有痛性三角骨除去術からのリハビリ中で、この日は打撃投手の球を打った。「(患部の)痛みはない」が「2月1日から(全力で)行きたい気持ちはあるが、焦ってもいけないので」と慎重に話した。 (オセアンBS)