日本ハム・栗山英樹監督(58)が27日、新型コロナウイルスの影響で知人が代表を務める北海道内のコロッケ製造会社が25日に自己破産したことにショックを受けている思いを明かした。会社の所在地は栗山監督の在住する栗山町。指揮官は職務を全うすることが使命と強く認識し、チームは29日からのオープン戦に備え、札幌ドームで練習を行った。