ロッテの若手選手らによる合同練習が28日、沖縄・石垣市で2日目を迎えた。視察した井口資仁監督(45)は、春季キャンプが始まる2月1日に、選手の調整度合いや持久力をチェックできる12分間走を行う可能性を示唆。ドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=岩手・大船渡高=は、用具サポート契約が決まったナイキ社製の厚底シューズを着用する見込みで、初日からの“スタートダッシュ”を狙う。