驚異のばねだ!! ロッテは18日、新人7選手が今年からメディカル体制の強化のために提携する順大で行った体力測定の結果を公表した。高校球界最速の163キロ右腕、ドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=は、垂直跳びで米プロバスケットボールリーグ・NBAの平均値を超える73センチをマーク。一方で、上体の筋力などでは、成長の余地を残した。目標とする世界最速の170キロ到達へ-。夢が膨らむ結果となった。