パ・リーグ2位の西武は、11日から0・5ゲーム差で首位のソフトバンクとの2連戦(メットライフ)に臨む。リーグトップの41本塁打をマークしている山川穂高内野手(27)は10日、本拠地のメットライフドームで行われた全体練習で約2時間、調整。「全打席本塁打狙い」が信条のスラッガーが、宿敵との天王山を前に心境の変化を明かした。