西武は17日、山川穂高内野手(28)と森友哉捕手(24)が当初の予定から上方修正し、1打点につき1万円を彩の国みどりの基金などに寄付すると発表した。