(オープン戦、広島3-3西武=九回規定により引き分け、8日、マツダ)西武・松坂大輔投手(39)が8日、オープン戦(対広島、マツダ)に初先発し、3回4安打2失点。15日が有力視されるヤクルト戦(メットライフ)の登板で開幕ローテーション入りの合否が下されることになった。山川穂高内野手(28)はオープン戦1号を含む2打席連発。辻発彦監督(61)は開幕4番を任せる方針を示した。