今季限りで楽天を退団する嶋基宏捕手(34)の移籍先は、ヤクルトが最有力になったことが1日、分かった。複数球団の関係者が明かした。高津臣吾新監督(50)の下で最下位からの再建を図る球団にとって、嶋を獲得できればセンターラインの強化になる。12日に行われる12球団合同トライアウトの後、正式契約を目指す。