(パ・リーグ、オリックス5-1ソフトバンク、25回戦、ソフトバンク16勝7敗2分、29日、京セラ)ソフトバンクの内川が一塁手でシーズン守備率10割のパ・リーグ新記録を樹立した。一塁手として今季130試合目だったこの日も軽快にさばいて失策を犯さず、1968年に榎本(東京)が記録した9割9分9厘を抜いた。「初めて知った。チームに迷惑をかけなくて良かった」と控えめに言った。