2022年8月10日、1番・レフトでスタメン出場をした千葉ロッテマリーンズの荻野貴司外野手が、プロ野球史上313人目となる1000本安打を達成した。節目の一打は、3回2死二塁、福岡ソフトバンクホークス先発・東浜巨の変化球をコンパクトにはじき返す左翼線への適時二塁打だった。